双子パパが日々技術的に問題になった事、その解決方法について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモートデスクトップのウィンドウサイズ

リモートデスクトップのウィンドウサイズはなかなか曲者で、自動で画面サイズに合わせているつもりが勝手におかしなサイズになっていることがあります(サイズが異なるマルチディスプレイ環境等)。

そのような場合、設定をファイルに保存して、smart sizing:i:1をファイルに追加すると、ぴったりサイズに調整してくれます(無理やり調整なので多少のぼけは覚悟してください)。

これで解決と思いきや、なんと右上の元に戻すボタンを押してしまうと、またおかしなサイズに逆戻りしてしまいます。押さないように気をつけましょう(最小化と最大化はOKです)。

タスクスケジューラは二重起動できません

タスクスケジューラは、前のタスクが終わらない限り、律儀に待ち続けています。

前のタスクがループ状態に陥ってしまった場合は、非常に困ることになるので(強制終了を指定できるOSのバージョンもあります)、自動起動だからと安心せず、こまめなログ出力と定期的な動作確認を行うようにしましょう。

タスクスケジューラが終了しない件

Windowsに標準でついているタスクスケジューラは、自動で指定時間にコマンドを実行できて非常に便利なんですが、今どこを処理しているのかが分からないのが欠点です。
(もちろん、自分でログを出力すれば出ますが)

そして、何らかの原因があってスクリプトが止まってしまった場合場合、スクリプトを動かしているバッチは残ってしまうことがあります。

残ってしまうと、仮にMySQLのselectコマンドを実行したまま止まってしまった場合、MySQL側からprocessをkillできない困った状態になってしまいます。

この場合は、タスクマネージャでcscript等のバッチっぽいプロセスを手動で終了させればOKです。

最近の双子達

ここ何ヶ月かは、子供達が寝てからの帰宅しているので、朝と土日しか顔を合わせない生活が続いています。
土日はまだいいんですが、平日の朝はパパは相当嫌われているようで、何かしてあげようと思っても、『パパいらない』と言われてしまっています。
そんな悲しい双子パパが日々技術について書いていきます。

スポンサードリンク

Copyright © 双子パパのエンジニア記録 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。